« | トップページ | »

スイス・イタリア旅行記-2011-

初めての海外家族旅-スイス・イタリア-day3

06:00 起床

今日はよく眠れた。疲れもとれて完全回復!!
しかし、そんな日に限って外は雨。

フロントで聞いたら、今日は一日雨だよーと言われてしまった。
あちゃー。何しよう。


07:00 朝食

宿のレストランにて。クロワッサンが美味。
蜂蜜かけヨーグルトを作って食べる。満足。
日本人観光客が多い。ツアー客のようだ。

朝っぱらから母上が、オレンジジュースを違うテーブルにぶちまける。
拭いて謝って帰ってきて一言、「日本語通じた。良かった」と。そこか?!


10:00 オーバラー・グレッチャー

雨なのでトレッキングはなし。
村内バスでオバーラー・グレッチャー(上氷河)へ行ってきた。
グリンデルワルトの駅前バス停から15分ほど。
ライン1の12番のバス。1時間おきに走っているもよう。

木の階段を岩肌に沿ってひたすら登った。890段。
他の観光客もいないし、雨すごいし、本気で怖かった。
極めつけは、小屋の奥にあるつり橋。揺れる揺れる、怖い怖い。

そしてその奥には氷河が…、と思いきやすでに氷河後退済み。
氷河ないじゃーん!!頑張ったのにがっくし。
大冒険ができたのでよしとするか。

戻りも足ががくがくする急斜面。下にたどり着いた時はホッとした。
山ガールから山岳登山隊に昇進したかもしれないと思う。

帰りは11番のバスでグリンデルワルト駅前へ。
村内バスはスイスパスが効くので基本的に全部無料。
オーバラー・グレッチャーはホテルカード提示で1CHF安くなる。


12:45 ランチ

お隣のホテルでランチ。
の前に、村の外れのコインランドリーで洗濯セット。
高い。スイスは食費がめちゃくちゃ高いが、洗濯も高い。
45分洗濯機を回すと500円。乾燥機は1時間弱で800円。
ユングフラウロッジの向かいのセルフランドリーにて。

ちなみにランチはチキンとオムレツとウインナーシュニッツェル。
それにビール3杯で、締めて8000円強。ランチでこの値段。
スイス恐るべし。バックパッカー旅では来られなかった!



14:30 グレッチャーシュルフト

今日は氷河の日と決めて、ウンタラー・グレッチャー(下氷河)の後退した傷跡を見にグレッチャーシュルフトへ。

村内バスライン2の22番で20分弱だったと思う。
バスがなかなか来ないので、駅前バス停で30分も待たされてしまった。
旅っぽくなってきたなあと思う。

入場料がホテルカードでまた割引あり。
入口からまた登るのかと思いきや、今回は平坦な…洞窟!
石灰岩質の岩肌に沿って続く道を行く。
これはかなりのアドベンチャー。

濁流の川、流れ落ちる滝、狭い石のトンネル、深く切り立った峡谷。
霞んだ洞窟の先にインディー・ジョーンズがいるかと思うようなロケーション。
面白かった!!来てよかった!!

帰りも村内バス。21番。
洗濯物を回収してホテルでごろごろ過ごす。
興奮しっぱなしで気付かなかったが、今日は寒かったので少し風邪気味。

17:30 グリンデルワルト村散策

夕方になって晴れてきた。
お日さまを見るともうじっとしていられない母上を連れて
村の散策に出る。

お土産買って、スーパーで店員オススメのビールを買って、
うろうろしていたら、シュレックホルンに虹がかかっているのを見た。
この時間に部屋を出てきて正解。

村の外れにアボガドバーという看板を見つけた。
これはアボガド好きとしては入らないわけにはいかない。

バーテンダーのきれいなお姉さんに、メニューある?
と聞いたところ、私がメニューよ、と返された。
お姉さんかっくいい。

オススメのアボガドカクテルをオーダー。
ミルクとアボガドよ、というもんだから味に期待はできなかろうと
思っていたのだが、どっこい、激うま。

聞くと、ラムベースなんだとか。うまいわけだ。
アボガド好き+ラム好きにはたまらない一杯。
ここでしか出会えない一杯だった。


19:30 お部屋で夕食

ビールとワインと簡単なサンドイッチでお夕食。
スイスビールうまい。インターラーケンの“RUGEN BRAU”。
スーパーの店員オススメのビアー。

21:00 就寝

ビールで酔っ払ったので寝付けない。
サロンパスを足の裏に張っておやすみ。

<<  contents  >>

Town13   HOME

当サイトに掲載されている文章、写真等の無断転載・転用を禁止します。
Copyright (C) 2009-2012 Étranger, Memory All Rights Reserved.


« | トップページ | »