« | トップページ | »

スイス・イタリア旅行記-2011-

初めての海外家族旅-スイス・イタリア-day13-14

07:00 起床

調子に乗って朝からエスプレッソを飲む。
ここのホテルの朝食バイキングでは、コーヒーや紅茶は自由に自分で入れて飲む形式だが、入り口にスタンバイしてるお姉さんたちに頼むと、エスプレッソを運んで来てくれる。
それに気付いたのが宿泊最終日だった。

08:30 ホテルチェックアウト

宿のフロントでタクシーを頼むと、その場で代金支払いになった。
おっかないナポリのタクシー運ちゃんと揉めなくていいので楽。
多少ぼったくられているのかもしれないが、駅前のホテルから空港まで25ユーロならそうそう悪くないのではないか。

09:00 ルフトハンザチェックイン

早く着きすぎて、まだカウンターが開いていないだろうと思ったら、ちゃんと開いていた。
しかし、チェックインはチェックイン機でやれとのこと。

こんなに早くスタンバってるならやってくれてもいいのに・・・と思いつつ、チェックイン機をかまってみたら全部イタリア語。無理だっつうの。

結局、さっきとは違うカウンターに助けを求めたら、その席のおじさん、カウンターをすっぽかしてわざわざ出てきてくれた。
てか、なぜそうまでしてカウンターでチェックインさせない?!

無事チェックインを終えてからは、しぼりたてオレンジジュースをいただいたり、お土産を物色して歩いたりと、空港内を散策。
ただ、セキュリティチェックをしてゲートに行くまで、たいしたお土産屋さんもなかった。
もうちょっと買い物したかったが、目ぼしいものなし。
またお財布にユーロを残してしまった。

11:30 搭乗

またゲートからバスに乗って移動。
ミュンヘンまではLH1927便。出発はまた30分ほど遅れた。

行きの乗継便ほど小型でもなかったのでさほど揺れなかった。
軽食のパンがうまい。さすがドイツ。

飛びたってすぐヴェスビオが見送ってくれているのに気付く。
最後にまた何枚か写真を撮った。今回の旅はいつもにまして写真を撮った。

アルプス上空を飛行中に機内アナウンスが入り、山見えてるよーと教えてくれた。
こちらもしっかり撮影。マッターホルンを探したが分からなかった。

13:50 MNC着

ミュンヘンで出国手続き。珍しくいろいろ聞かれた。
ヨーロッパin/outのスタンプが多かったので、どっから入ったか分からなかった模様。

ゲートチェンジあり。早めに動いておいてよかった。
替わったゲートのすぐそばにカフェがあったので、そこでお茶タイム。そして父はドイツビアータイム。

これから腹痛くなるほど機内食を食わされるぞっていう前なのに、隣のおばちゃんはでかいドイツソーセージにかぶりついていた。
やっぱ欧米人てすげー。

15:05 MNC発


LH714便にて。また30分ほど遅れ。
これくらいなら長期フライト中に取り戻すだろう。
最初はずっとJ-POPのラジオを聞いていたが、それが一周してしまうとやることがなくなった。

苦し紛れに映画「グリーン・ホーネット」を見たがあまり面白くない。
とか言っていたら、小型TVの画面が動かなくなった。文句言ったの聞こえたか。
直してもらおうとCAさんに頼んだのだが、再起動しますっつったっきり、結局最後まで直らなかった。

夕食と朝食はあまり食べられなかった。
軽食が出たタイミングが分からないくらい眠ってばかりいたフライト。

耳栓効果抜群で、後ろでずっとしゃべっている日本人のおじちゃんの
自慢話を9割がた無害にしてくれた。次はアイマスク持ってこよう。

17:05(10:05) NRT着

疲れた。5時間ほど眠ったはずなのに疲れた。さすがに11時間フライトはキツイ。
入国のスタンプを押してもらって、空港内のレストランで冷やし中華を食した。
スイスで食べた良く分からない2100円もするヌードルの記憶を無事払拭できたと思う。

14:00 帰宅

とりあえず泥のように眠ることにする。
びっくりするくらい暑いのでクーラーオン。
起きたら釜飯食べて、また眠ろう。
ヨーロッパから帰ってきた日はいつもこんなぐったり状態。

次は近場のアジアかオセアニア辺りに出没したい。
飛行機嫌いでも難なく行ける場所へ行こうと誓う。
とかいって、また南米とか・・・。あり得るから怖い。

<<  contents  >>

Town13   HOME

当サイトに掲載されている文章、写真等の無断転載・転用を禁止します。
Copyright (C) 2009-2012 Étranger, Memory All Rights Reserved.


« | トップページ | »