« | トップページ | »

スイス・イタリア旅行記-2011-

初めての海外家族旅-スイス・イタリア-day1

05:00 同室の親が起床

さすが老人。朝が早い。私はというと、3時間ほど眠った?
快適すぎるホテルも考えものだ。居心地がよすぎると逆に眠れない。


07:00 朝食


ホテルの朝食。お漬物うまい。
今日飛行機で一日中食べなきゃいけないのに、朝が早かったせいでここでもかなり食べてしまった。


09:10 チェックアウト


ホテルのシャトルバスが出ていたので空港へ送迎してもらうことにした。
今回はルフトハンザ航空なので第一ターミナル・南ウイング。
今日の成田は曇。ドイツは晴れているか。


09:45 成田空港着


まだ早すぎる。カウンターすきすき。
まずは保険に加入。そして両替。ちょこっと買い物。
傘を買った。すごく小さいやつを。旅にはもってこいなサイズ。

チェックイン後、展望デッキへあがった。旅立つ飛行機を観察しに。
そしてスタバ休憩。長いフライトが億劫だ。


12:00 搭乗手続き

手荷物検査が終わった段階でパスポートをしまいこむ母上。
おいおい、これから出国手続きですよ。

もう出国したもんだと思ったらしい。
出国のハンコ、まだ押されてないでしょうに。

45番ゲートにタイミングよく到着し、搭乗。

2-4-2のシート、真ん中の通路側。

お隣がいなかったもんで、両隣で結託して荷物置きにさせてもらった。
おかげで足元広々。ブランケットも2枚確保。ありがたい。
この時期にヨーロッパ旅行しようなんてお客は少ないのかもしれないと思った。


13:00 NRT出発

LH715便にて。離陸が30分ほど遅れた。
窓側に母を、通路側に父を、と思って並びの席を取ったのだが、気付くと父がずっと窓側を占領していた。
窓の外を眺めて始終楽しげ。子供か(笑)。

機内食はまあまあ普通。ランチもディナーも2/3程食べた。

鶏肉はうまかった。ポークは微妙。欲を言えば、パンは温めて出してほしかった。

途中、おにぎりorケーキの軽食あり。ケーキチョイス。

ふわっとしたカステラみたいなマーブルケーキ。

小型TVはリモコンなしの完全タッチパネル。
でも見たい映画があまりなかった。選択肢が狭い。
とりあえず、「塔の上のラプンツェル」を観て、2時間ほど昼寝。
その後、ナルニアの第三章を観る。

そしていつも気になるラジオの日本曲。

ルフトハンザチョイスの最新J-POPは若干古め。
でもB'zのOCEANが聴けたのでよし。

それにしてもルフトハンザはドリンクサービスが多い。
しょっちゅう回ってきてくれるので、いい感じに水っ腹。



24:45(17:45) MNC着。

ミュンヘン暑い。27℃だとか。飛行機寒かったから余計暑い。
汗かきながらトランジット。

8年ぶりのミュンヘン空港。しかし全然覚えていない。
セキュリティーチェック、こんなに厳しかっただろうか。
父上は上着も財布もベルトも全部引っかかって、何度もやり直しをくらっていた。
そのうち裸にされるんじゃないかってくらい厳しい。見ててヒヤヒヤだった。

ドイツでトランジットだけかと思いきや、もうここで入国審査。

ドイツ入国のスタンプを押してもらえた。



18:15 搭乗手続き

セキュリティチェックでまごまごしていたので、ゲートに着いた時にはもうすでにオープンしていた。
バスで飛行機まで移動。まあなんとなく想像はしていたが、やっぱり小型機。
揺れるだろうなぁと恐れ慄きながら搭乗のLH2372便。



18:50 MNC出発

やはり揺れた。かなり揺れた。ちょっと動揺した。
しかも、一番後ろの席までドリンクサービス回ってくる前にもう到着。
チューリッヒ近い!早い!!


19:30 ZRH着

チューリッヒ国際空港では入国審査なし。
そのまま荷物受取。外は雨。さすがにもう疲れた。

タクシーで市内の宿まで向かう。50CHF。良心的な価格。
ぼったくらない国スイス、優しい国やー。


20:00 ホテルチェックイン

市内、駅近くに宿を取った。今日こそ早く寝るつもり。
飛行機内で嫌というほど食べたので、夕食はなし。
シャワー浴びて、ばたんきゅー。でも結局寝付いたのは23時。

<<  contents  >>

Town13   HOME

当サイトに掲載されている文章、写真等の無断転載・転用を禁止します。
Copyright (C) 2009-2012 Étranger, Memory All Rights Reserved.


« | トップページ | »