« | トップページ | »

ドイツ旅行記-2010-

ブレーメンの駅より

無事に辿り着きました。いい天気です。

こっちは緯度が高いので、夜10時まで明るいです。
疲れてて時差ぼけしててへとへとだけど、眠れません。
こんなに明るいと眠っちゃいけない気がします・・・。

駅前は人が多くて通るの大変がです。ちなみに駅の中はこんな感じ。

明るいです。両サイドはカフェが連なっています。
大きなスーパーもあり。
壁画にさっそくブレーメンぽいやつらを発見しました。

ヒヒン・ワン・ニャン・コケコッコー。
さすがグリム童話の街ブレーメンです。
あとで街中も散策してくる予定ですが、きっといたる所にいるんだと思います。

今回はグリム童話を一冊持ってきました。
カフェでお茶しながら読む所存です。
一都市滞在なので時間はたくさんありそうです。

せっかくなので階段上がって駅のホームに出てみました。

大荷物で旅するヨーロッパ人を多数見かけました。
エレベータも各ホームに設置されています。便利便利。

自転車も普通に乗り込んでOKみたいです。
ホームに自転車持ち込んでる姿はなかなか見慣れないものがあります。

駅の構内にはパン屋さんが多いです。
どこもみんなこんな感じ。奥でイートイン可。

チーズやハムのクロワッサン、色とりどりの具材をはさんだバゲット、
そしてビールのおつまみ粒塩ブレーツェル。
どれもたいへん美味しいです。

そして安い。紅茶とセットにしても3ユーロから4ユーロ程度。

でっかいケーキも並んでました。
どれもヘビー級。甘そうで・・・。
さすがにこちらには手がのびませんでした。

<<  contents  >>

Town13   HOME

当サイトに掲載されている文章、写真等の無断転載・転用を禁止します。
Copyright (C) 2009-2011 Étranger, Memory All Rights Reserved.


« | トップページ | »