« | トップページ | »

ドイツ旅行記-2010-

聖ペトリ大聖堂をのぼる

ブレーメンで一番背の高い聖ペトリ大聖堂はただいま外装工事中。
美しいツインの塔を見ることはできませんでしたが、聖堂の中には入れました。

ちょうど神父さん(?)のありがたいお話をやっていて、ドイツ語分かりませんが、とりあえず座って話を聞きます。
ホールにウワーンと厳かに響く声。綺麗。
照明がうっすらと暗いのも雰囲気あってすごく綺麗。

この聖堂は塔の上に登る事ができます。
が、入り口のチケット売りさんがちっとも現れす、かなり待ちましたがこの時は空振り。
夕方もう一度訪れると、今度は入り口が開いてました。

こんなに細い階段を延々と登ります。人ひとりすれ違うのがやっとの狭さ。
エレベーターが欲しいです。登ってる途中で目が回ります。

でも息を切らしながらひたすら登ると、ブレーメンの街を一望する景色が手に入るのです。
こちらマルクト広場。

さらに遠く、ブレーメンの家々を眺めます。

世界遺産のローラント像も上から見下ろすとこんな感じ。

他の観光客が誰もいなかったゆえ、ひとしきりブレーメンの上空展望を満喫できました。

しっかし、帰りの階段道がまたきつかったです。
ホント目回ってくらくらしました。
足を悪くしてから、会談が苦手で困ります。
いや、歳のせいかもしれませんね。

<<  contents  >>

Town13   HOME

当サイトに掲載されている文章、写真等の無断転載・転用を禁止します。
Copyright (C) 2009-2011 Étranger, Memory All Rights Reserved.


« | トップページ | »