« | トップページ | »

中国・モンゴル旅行記-2009-

野生の馬を探してフスタイ国立公園へ -後編-

いましたタヒ!野生の馬!岩場で見つけました。見えますかね?そっとそっと、ちょっとずつ近づいて行きます。

あ、こちらに気づいたもようです。かわいい後姿。背丈がちょっと小さいのがモンゴルの野生のタヒの特徴です。野生ですが、逃げたりしませんでした。のんびり草を食んでます。案外肝っ玉がでかいのですね。

さらに近づいてみました。

美しい。家畜の馬に比べて薄い色あいのボディ。より自然の色に近いんですね。さすが野生。

でも野生だからこういうことも普通にあるみたいです↓

モンゴルにはオオカミやキツネが生息しています。しかもこれからやってくるモンゴルの冬はとっても過酷。タヒー、頑張って生きろよー。野生の美しさと力強さを目に焼き付けて、フスタイ国立公園を後にしました。

さて今夜はナサの家にお泊りさせてもらうことになりました。ウランバートルの一般家庭にホームステイです。楽しみー。

<<  contents  >>

Town13   HOME

当サイトに掲載されている文章、写真等の無断転載・転用を禁止します。
Copyright (C) 2009-2011 Étranger, Memory All Rights Reserved.


« | トップページ | »