« | トップページ | »

シンガポール旅行記-2009-

チャイナタウンの輝き

リトルインディアからMRTで今度はチャイナタウンへ移動しました。駅前のパゴダストリートは道沿いずらっとお土産通り。チャイナ服のお店ばっかり何軒も並んでおります。

この地区にシンガポールのヒンズー教最古の寺院があると聞いたので訪問してみたのですが、外装は改修工事中でした。

スリ・マリアマン寺院。1827年に完成した女神マリアマンを祀る寺院です。チャイナタウンにヒンズー寺院というのもなんだか不思議な感じがしますが、建設当時はこの辺りにインド人が多かったらしいです。

次に来たのは仏教寺院。新加坡佛牙寺龍華院。唐代様式の大きな寺院です。

中には金色の弥勒仏が祀られていました。ぎらぎらに輝いてます。

中はクーラーがガンガン効いて過ごしやすいお寺です。椅子も綺麗に並べられていて参拝者に優しいお寺なんですが、ここまで今日一日床に座って祈る人たちの姿をいっぱい見てきたのでなんだか違和感を感じてしまいます。祈り方の必死度が違う感じというか。参拝者たちの層が裕福なのかなと感じました。

さっきご飯を食べたばかりですが、休憩を兼ねてチャイナタウンコンプレックスのホーカーズへ。ここもかなり賑わってました。かき氷をオーダーして暑さ対策。でも甘くて喉が渇きました。

こちらもお客さんたちがフレンドリーで、いろいろ仲良くなってきました。コリアンかチャイニーズか、と聞かれたのでI'm Japanese!と答えると意外そうな顔をされました。ジャパニーズにしては背が高すぎるのだそうです。背が高いジャパニーズもいるのだ!!

その後、MRTでホテル最寄りのドービーコート駅まで移動。スーパーマーケットでちんたらお土産を選んでいたら、帰り際、突然のスコールに見舞われました。噂には聞きますがすごい豪雨。雷も激しいです。

いつまでも降り続くような雨ではなく15分ほどでぴったとやんでくれるのですが、小さな折り畳み傘一つでは到底対応できるものではありません。スカートまでびっちょびちょに濡れて大変でした。

<<  contents  >>

Town13   HOME

当サイトに掲載されている文章、写真等の無断転載・転用を禁止します。
Copyright (C) 2009-2011 Étranger, Memory All Rights Reserved.


« | トップページ | »