« | トップページ | »

シンガポール旅行記-2009-

ホーカーズ・リポート -屋台的報告記- vol.4

ホテルのすぐ裏にもこじんまりとしたホーカーズがありました。ウォータール・ストリートの「ナン・タイ・イーティングハウス」。

夜になってもほとんどの店がシャッターを閉めていて、どうも怪しげなホーカーズですが、暑くて遠出するのも億劫なのでここで屋台ディナーにしました。

とりあえずビアー。タイガービールはシンガポールのビールメーカー。ホップの香りが若干強め?ビールらしいビールです。ホーカーズで頼むと微妙に冷えてなかったりするので要注意。

つまみにパオ。肉まんです。中身は鶏肉と鶏肉。日本の肉まんに比べ、小ぶりで甘みがあります。

メインに板面(バン・ミェン)を頼みました。インド系のメニューらしいですが、味はさっぱりでどっちかっていうと中国系なイメージ。きしめんの様な麺にスープは煮干しと鶏ガラでしょうか。具材はひき肉団子とシイタケ、煮干しとニラ。見た目こんなに地味なのに、味は今回の旅で一二を争う美味しさでした。お値段3SGD。日本円で200円程度。

オーダーしたのはこちらの屋台。衛生状態微妙かしらとも思いましたが、別にお腹痛くなることもなくむしろ味は絶品でした。

水餃子と焼き餃子。中身は同じ具材ですが・・・。個人的には水餃子がツルんといけてうまかったです。たれは3種類用意してくれました。生姜が入った醤油ベース(多分ナンプラーも入ってたと思います)、トウガラシが入ったちょい辛み系、それと辛味噌ダレ。やっぱり醤油が一番です。

食後にミルクティーをオーダー。こっちのミルクティは「テー・タレ」と言えば出てきます。0.9SGD。アラブストリートでは0.8SGDでした。コンデンスミルクが入っているので、よくかきまぜないと最後の最後で辛い目にあいます。

<<  contents  >>

Town13   HOME

当サイトに掲載されている文章、写真等の無断転載・転用を禁止します。
Copyright (C) 2009-2011 Étranger, Memory All Rights Reserved.


« | トップページ | »