« | トップページ | »

ケニア旅行記-2005-

マサイマラサファリ

テントの中はこんな感じお昼頃、マサイマラのフィッグツリーキャンプロッジに到着した。初のテント泊だ。ジャングルのようなつくりの敷地内にテントがいくつも建てられている。そしてテントの前にはタレク川。ワニやらカバやらがいるらしい。It's ワイルド!!

夕方からのサファリドライブまで部屋の前の川を眺めてのんびり時間を過ごした。サバンナからいい風が吹いてくる。ゆっくり時間を過ごす幸せ。忘れてたが、この休日は頑張った自分へのご褒美でもあったのだ。こんな幸せをもらえるのなら、あと2、3回OPEうけてもいいかななんて思ったり思わなかったり。

トピvs.トピ夕方4時、サファリドライブにいざ出発。ここでは道なき道をどんどん進めるから、動物をより間近で感じられる。草食動物の群れがあちらこちらに見える。動物の数ではアンボセリ国立公園を優にしのぐマサイマラ。トピのどアップを撮影。遠くでは2頭のトピが角を突き合わせて力比べをしている。メスを奪い合っている?

待ち望んでいたチーターにも出会えた。なんとお食事中。しとめたインパラを食べている。2匹のオスで兄弟らしい。観察してみると、おもしろいことに食事をとるのは1匹ずつ。捕食するものされるもの口を真っ赤に染めて腹いっぱい食べた一匹がごろんと横になると、もう1匹がやってきてがつがつ食べ始める。その豪快な食べっぷりといったら、一見可哀相とも思えるシーンを見ながら、みんなの感想は
「美味しそうだねぇ・・・」

これが野生だ。今日1匹のインパラがチーターの兄弟の命を数日繋いだ。ハイエナやジャッカルたちもおこぼれに与ることになるだろう。明日には骨が残るのみ。ここにバランスの取れた自然界の掟があるから、他のインパラたちは大草原の草を自由に食べることができる。王様は熟睡中自然の摂理は人間界のどんな主義主張よりもうまく回っているなぁと思った。

しばらく行くと今度はライオンの群れに遭遇。オスライオンもメスライオンもみんな揃って熟睡中だった。たまに目を開けて耳をぴくぴくさせているが、起き上がる気配はなし。やはり王様にはかなわない。 「もうちょっとファンサービスしてもいいんじゃない??」 と言ってみたところで、尻尾を振られておしまいだった。でも、こんな近くで百十の王に謁見できるなんて初めての機会。サファリカーから身を乗り出してご挨拶してきた。

サバンナの夕暮れしかし、背の高い草むらで横たわっているライオンの群れを見つけるジェンガさんの視力は驚異的だ。「偶然尻尾が見えたんだよー」というが、ここにいると思って探さなけりゃ見つかりっこないと思う。ケニア人ならではの野生の感?

夕方のサファリを終えてロッジへの帰り道、マサイマラの夕日がとろけそうなくらい最高のオレンジだった。朝は空からふりそそぐ天使の梯子のような朝日に見惚れたが、夕陽も負けず劣らずダイナミック!そしてお昼はお昼でのんびりポレポレ時間。これぞバカンス。もう言う事なしだ。

<<  contents  >>

Town13   HOME

当サイトに掲載されている文章、写真等の無断転載・転用を禁止します。
Copyright (C) 2009 Étranger, Memory All Rights Reserved.


« | トップページ | »